旅と鳥友

各地を廻り、自然の中で生きるより多くの鳥たちを紹介していきます

自然界のトキに会いたくて

自然界の「トキ」に会いたくて


自然界に放鳥された「トキ」に会いたくて佐渡島に出掛けてきました。
佐渡島では「トキの森公園」で間近にトキの姿を観察することが出来、また「トキ」の生態や保護増殖、
野生復帰に向けての取組など知ることが出来ます。
島の中を「トキ観察のルール」を守って車で移動、夕方近く 運良く 田んぼにエサ捕りに来た「トキ」に出会い
遠く(距離200m超)からでしたが、じっくり観察をすることが出来ました。

田んぼの上空に現れた「トキ」
トキ (1)

トキ (2)

トキ (3)

トキ (4)

田んぼの畔に降りた「トキ」
トキ (5)

トキ (6)

トキ (7)

トキ (8)

トキ (9)

トキ (10)

次から次と田んぼの畔に降りる「トキ」
トキ (11)

トキ (12)

トキ (13)

トキ (14)

トキ (15)

夕方、塒に戻る「トキ」
トキ (16)

トキ (17)

トキ (18)

トキ (19)

トキ (20)

トキ (21)

トキ (22)

トキ (23)

トキ (24)

トキ (25)


 
スポンサーサイト
  1. 2014/07/28(月) 15:00:00|
  2.   トキ(希少)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然界のトキに会いたくて

自然界の「トキ」に会いたくて


自然界に放鳥された「トキ」に会いたくて佐渡島に出掛けてきました。
佐渡島では「トキの森公園」で間近にトキの姿を観察することが出来、また「トキ」の生態や保護増殖、
野生復帰に向けての取組など知ることが出来ます。
島の中を「トキ観察のルール」を守って車で移動、夕方近く 運良く 田んぼにエサ捕りに来た「トキ」に出会い
遠く(距離200m超)からでしたが、じっくり観察をすることが出来ました。

田んぼの上空に現れた「トキ」
トキ (1)

トキ (2)

トキ (3)

トキ (4)

田んぼの畔に降りた「トキ」
トキ (5)

トキ (6)

トキ (7)

トキ (8)

トキ (9)

トキ (10)

次から次と田んぼの畔に降りる「トキ」
トキ (11)

トキ (12)

トキ (13)

トキ (14)

トキ (15)

夕方、塒に戻る「トキ」
トキ (16)

トキ (17)

トキ (18)

トキ (19)

トキ (20)

トキ (21)

トキ (22)

トキ (23)

トキ (24)

トキ (25)


 


  1. 2014/07/28(月) 13:00:00|
  2.    佐渡島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山肌を染めるニッコウキスゲと鳥たち

山肌を染めるニッコウキスゲと鳥たち

標高約1,800mの緩やかな起伏が続く高原では、ニッコウキスゲが満開時期を迎えた。
この高原で見られる鳥は主に「ノビタキ」「ホオアカ」と「ビンズイ」


開花時期を迎えたニッコウキスゲ
ニッコウキスゲ (1)

ニッコウキスゲの他、シシウド、ノアザミなどの花が咲き乱れる
ニッコウキスゲ (2)

緩やかな起伏の高原に、ニッコウキスゲが一面に咲き誇る
ニッコウキスゲ(3)

シシウドの花に止る「ノビタキ♂」
ノビタキ (0)

ノビタキ (1)

ノビタキ (2)

高原を飛びまわる「ノビタキ♂」
ノビタキ (3)

ノビタキ (4)

ノビタキ (5)

ニッコウキスゲの花に止った「ノビタキ♀」
ノビタキ (6)

ノビタキ (7)

ノビタキ (8)

ノビタキ (9)

ノビタキ (10)

高木の止ってさえずる「ホオアカ」
ホオアカ (1)

餌運びをする「ホオアカ」 この近くに巣があるらしい、・・・・近寄らないで遠くから ”そーっと”
ホオアカ (2)

ホオアカ (3)



  1. 2014/07/27(日) 15:25:13|
  2. 《 花と鳥たち 》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンコウチョウの巣立ち

サンコウチョウの巣立ち


この林道で、サンコウチョウ3か所目の営巣場所では、巣立ち時期を迎えていた。
前日の午後 「サンコウチョウの巣立ちが近いよ」 との連絡を受け出掛けてきた。
早朝現地に着くと、既に巣立ちをした雛が弱弱しく飛びまわっていた。
前日の夕方おそく、4羽が巣立ったとのこと。
巣にはまだ5番目の雛が1羽残っていたが、夕方無事巣立ちを終えた。

最後に残った雛に、巣立ちの催促をする親♂
サンコウチョウ (1)

サンコウチョウ (2)

巣立ちをさせるため、餌はなかなか与えない
サンコウチョウ (3)

サンコウチョウ (4)

サンコウチョウ (5)

サンコウチョウ (6)

サンコウチョウ (7)

親♂と♀共同で、雛の巣立ちを催促する
サンコウチョウ (8)

サンコウチョウ (9)

親♀による、雛への巣立ちの催促
サンコウチョウ (10)

サンコウチョウ (11)

サンコウチョウ (12)

サンコウチョウ (13)

サンコウチョウ (14)

サンコウチョウ (15)

サンコウチョウ (16)

枝を叩いて、枝の上に上がるよう催促する。
この直後、天敵(ヘビ)が巣に近づいたため、親が強引に巣から雛を引き下ろした。(最後の巣立ち)
サンコウチョウ (17)

巣立ちを終えた、初々しいサンコウチョウの雛
サンコウチョウ (18)

サンコウチョウ (19)

サンコウチョウ (20)

サンコウチョウ (21)

雛に餌を与える親
サンコウチョウ (22)

サンコウチョウ (23)

5羽の雛たちの面倒をみるサンコウチョウの親
サンコウチョウ (24)

サンコウチョウ (25)

サンコウチョウ (26)
  1. 2014/07/21(月) 13:00:00|
  2.    サンコウチョウ 巣立ち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逞しく成長するオオタカ幼鳥

逞しく成長するオオタカ幼鳥


この針葉樹(松・桧他)の林で、オオタカの幼鳥が元気で育っている。
巣立ち後まだ1が月になっていないが‘‘この精悍な顔つき‘‘
親から餌を受け、元気に林の中を飛び廻っていた。


オオタカの幼鳥3羽、元気に林の中を飛びまわり、時々大きな声を出していた
オオタカ (1)

巣立ち後まだ1ヶ月未満なのに、この‘‘精悍な顔つき‘‘
オオタカ (2)

オオタカ (3)

幼鳥の耳かき姿があどけない
オオタカ (4)

オオタカ (5)

オオタカ (6)

オオタカ (7)

オオタカ (8)

オオタカ (9)

オオタカ (10)

オオタカの親がやっとで姿を見せてくれた。
オオタカ (11)

あたりを見回し幼鳥を見守っているようだ。
オオタカ (12)

オオタカ (13)

オオタカ (14)

親に見守られている幼鳥は、元気に林の中を飛びまわっている
オオタカ (15)

オオタカ (16)

オオタカ (17)

オオタカ (18)

オオタカ (19)

オオタカ (20)

オオタカ (21)

オオタカ (22)

オオタカ (23)

オオタカの幼鳥は成熟するのに2年、暫くは親と共の生活するらしい
オオタカ (24)

オオタカ (25)




続きを読む
  1. 2014/07/17(木) 13:00:00|
  2.   オオタカの魅力
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマセミ幼鳥の成長ぶり

ヤマセミ幼鳥の成長ぶり

ヤマセミの幼鳥が巣立ちをしてから約2週間半、その後の幼鳥の成長ぶりを見に、10日ぶりに出掛けてきた。
早朝より待つこと約3時間半、待ちに待ったヤマセミが目の前に現れ餌取りを始めた。
ヤマセミ幼鳥(雌)は、何回も川に飛び込んでは魚捕りに挑戦するが空振りばかり、
何回も練習を重ねた成果、やっとで魚を捕ることが出来た。
これで「一人前のヤマセミ」になった。‘‘ 親離れ出来るかな‘‘??




2週間前に巣だったヤマセミの幼鳥♀
ヤマセミ (1)

あたりを見回し獲物を探す
ヤマセミ (2)

ヤマセミ (3)

魚に向って突進
ヤマセミ (4)

ヤマセミ (5)

残念ながら空振り
ヤマセミ (6)

ヤマセミ (7)

さてちょっと一休みなのかなー
ヤマセミ (8)

ヤマセミ (9)

また止り木で獲物探し
ヤマセミ (10)

ヤマセミ (11)

ヤマセミ (12)

今度は石の上から獲物探し
ヤマセミ (13)

また魚に向って突進
ヤマセミ (14)

魚を捕ったと思ったら木の葉っぱ
ヤマセミ (15)

正面の木に向かうカワセミ
ヤマセミ (16)

ヤマセミ (17)

場所を変えて木の上から魚狙い
ヤマセミ (18)

またまた失敗・・・・魚が捕れず
ヤマセミ (19)

ヤマセミ (20)

ヤマセミ (21)

ヤマセミ (22)

水面上空でホバリング
ヤマセミ (23)

なかなか魚が捕れない
ヤマセミ (24)

ヤマセミ (25)

ヤマセミ (26)

ヤマセミ (27)

諦めず、再度魚に向って突進
ヤマセミ (28)
やっとで魚が捕れたよ
ヤマセミ (29)

苦労して捕った魚の味はどうかな・・・
ヤマセミ (30)

再度狩りに向かうカワセミの幼鳥
ヤマセミ (31)




  1. 2014/07/09(水) 14:00:00|
  2.   ヤマセミの魅力
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水飲み場に来るハリオアマツバメ

ハリオアマツバメ (アマツバメ目アマツバメ科)


体長21㎝、ずんぐりとした胴体と、鎌のような形をした長い羽をもつ「ハリオアマツバメ」
”飛びながら寝る”とも云われ、一日の大部分を飛行して過ごし、地上に降りることはなく
岩場に爪をひっかけて休む。
野鳥の中で、水平飛行では最も早いと云われている。(降下速度ではハヤブサが最も早い)

「ハリオアマツバメ」は、毎年この時期に’’高原地帯にある小さな池‘‘に水を飲みにやってくる。

水面に降りた時の水しぶきが飛ぶ
ハリオアマツバメ (1)

水平飛行では飛ぶ速度が最も早い鳥と云われているハイオアマツバメ
ハリオアマツバメ (2)

ずんぐりとした胴体と鎌のような形をした長い羽
ハリオアマツバメ (3)

ハリオアマツバメ (4)

ハリオアマツバメ (5)

  1. 2014/07/07(月) 13:00:00|
  2. 《アマツバメ目 アマツバメ科》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高原に響き渡るカッコウの声

高原に響き渡るカッコウの声


標高900mのどかな静かな高原で、早朝から5~6羽のカッコウが飛び廻り、高木のてっぺんに止っては、
「カッコウ、カッコウ・・・・」 と広い高原に響き渡る声で鳴き合っていた。

カッコウ (1)

カッコウ (2)

カッコウ (3)

カッコウ (4)

カッコウ (5)
  1. 2014/07/06(日) 13:00:00|
  2. 《カッコウ目 カッコウ科》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンゲツツジに止るノビタキたち

レンゲツツジに止るノビタキたち


この標高約1700mの高原では、山肌一面にオレンジ色のレンゲツツジと白色のコバイケイソウが
綺麗に咲いていた。
そのレンゲツツジとコバイケイソウの花に「ノビタキ」たちが止ってくれるのをジーと待った。

レンゲツツジの花に止った「ノビタキ♂成長」
ノビタキ (1)

ノビタキ (2)

ノビタキ (3)

ノビタキ (4)

ノビタキ (5)

ノビタキ (6)

ノビタキ (7)

レンゲツツジの花に止った「ノビタキ幼羽」
ノビタキ (8)

ノビタキ (9)

コバイケイソウの花に止った「ノビタキ♂」
ノビタキ (10)
  1. 2014/07/05(土) 13:00:00|
  2. 《 花と鳥たち 》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマセミの家族

ヤマセミの家族(2/2)

2 か月前、この場所でヤマセミが土手の横穴で営巣していつのが確認できた。
その後、ヤマセミが河川工事の音や振動等で、放棄するのではと心配したが、
無事巣立ちをしてくれたと聞き出掛けてきた。

ヤマセミの雛は4羽、雛たちは巣立ちをした近くの場所で、親からの給餌を受けながら
盛んに餌取りの練習をしていた。


川辺の流木で遊ぶヤマセミの雛たち
ヤマセミ (1)

ヤマセミ (2)

ヤマセミ (3)

ヤマセミ (4)

ヤマセミ (5)

カワセミが流木に止まった
ヤマセミ (6)

ヤマセミ (7)

ヤマセミ (8)

親から給餌を受ける雛たち
ヤマセミ (9)

ヤマセミ (10)

ヤマセミ (11)

餌捕りの練習をする雛たち
ヤマセミ (12)

ヤマセミ (13)
  1. 2014/07/04(金) 13:00:00|
  2.   ヤマセミの魅力
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
【 海   外 】 (22)
   南部 アフリカ (5)
   台湾金門島 (17)
【 北海道方面 】 (16)
   冬の北海道その1 (1)
   冬の北海道その2 (15)
【 九州方面 】 (6)
【 沖縄方面 】 (24)
  沖縄本島 (7)
   石垣島 (17)
【 離島 】 (58)
   佐渡島 (1)
   舳倉島 (41)
   三宅島 (2)
   小笠原 硫黄島3島と母島 (14)
【 航路:海鳥 】 (1)
【 東北方面 】 (6)
【 雛の巣立ち 】 (6)
   アカショウビン 巣立ち (1)
   オオコノハズク 巣立ち (3)
   サンコウチョウ 巣立ち (2)
【 その他 】 (15)
   白変個体 (3)
   タカの渡り (12)
  ≪  目・科 別  ≫ (0)
《キジ目 キジ科》 (4)
  ライチョウ(希少) (1)
《カモ目 カモ科》 (51)
  アカツクシガモ(希少) (1)
  アカハシハジロ(希少) (1)
  アカハジロ(希少) (1)
  アラナミキンクロ(希少) (1)
  オオホシハジロ(希少) (2)
  クビワキンクロ(希少) (2)
  コスズガモ(希少) (1)
  シジュウカラガン(希少) (2)
  メジロガモ (希少) (2)
《カイツブリ目 カイツブリ科》 (6)
《ハト目 ハト科》 (7)
  ベニバト(希少) (1)
《アビ目 アビ科》 (5)
《ミズナギドリ目アホウドリ科》 (1)
《コウノトリ目 コウノトリ科》 (4)
  コウノトリ(希少) (2)
  ナベコウ(希少) (1)
《カツオドリ目 ウ科》 (4)
《カツオドリ目 グンカンドリ科》 (1)
  コグンカンドリ(希少) (1)
《ペリカン目 サギ科》 (14)
  アカガシラサギ(希少) (1)
  カラシラサギ(希少) (1)
  サンカノゴイ(希少) (1)
《ペリカン目 トキ科》 (3)
  トキ(希少) (2)
《ツル目 ツル科》 (7)
  アネハヅル(希少) (2)
  ソデグロヅツ(希少) (1)
《ツル目 クイナ科》 (8)
  ヒメクイナ(希少) (1)
  ヤンバルクイナ(希少) (2)
《カッコウ目 カッコウ科》 (14)
  セグロカッコウ(希少) (1)
《ヨタカ目 ヨタカ科》 (3)
《アマツバメ目 アマツバメ科》 (3)
《チドリ目 チドリ科》 (21)
  オオチドリ(希少) (1)
《チドリ目 ミヤコドリ科》 (5)
《チドリ目 セイタカシギ科》 (7)
  ソリハシセイタカシギ(希少) (1)
《チドリ目 シギ科》 (80)
  アオシギ(希少) (1)
  アシナガシギ(希少) (1)
  アメリカウズラシギ(希少) (2)
  カラフトアオアシシギ (希少) (1)
  コシャクシギ(希少) (2)
  シベリアオオハシシギ(希少) (1)
  メリケンキアシシギ(希少) (1)
《チドリ目 レンカク科》 (2)
  レンカク(希少) (1)
《チドリ目 タマシギ科》 (6)
《チドリ目 カモメ科》 (14)
  アメリカコアジサシ(希少) (1)
  オニアジサシ(希少) (1)
  ニシセグロカモメ(希少) (1)
  ハシブトアジサシ(希少) (1)
《チドリ目 ツバメチドリ科》 (2)
《チドリ目 トウゾクカモメ科》 (1)
《チドリ目 ウミスズメ科》 (2)
《タカ目 ミサゴ科》 (10)
  ミサゴの魅力 (10)
《フクロウ目 フクロウ科》 (19)
  コノハズク(希少) (5)
  コミミズクの魅力 (5)
  シマフクロウ(希少) (1)
《タカ目 タカ科》 (64)
  カタグロトビ(希少) (1)
  イヌワシの魅力 (3)
  オオタカの魅力 (7)
  オオワシの魅力 (3)
  オジロワシの魅力 (1)
  カンムリワシの魅力 (1)
  クマタカの魅力 (19)
  ケアシノスリの魅力 (2)
  サシバの魅力 (7)
  チュウヒの魅力 (4)
  ハイイロチュウヒの魅力 (9)
《サイチョウ目 ヤツガシラ科》 (3)
  ヤツガシラ(希少) (3)
《ブッポウソウ目 カワセミ科》 (42)
  アオショウビン(希少) (1)
  アカショウビンの魅力 (8)
  カワセミの魅力 (9)
  ヤマセミの魅力 (24)
《ブッポウソウ目ブッポウソウ科》 (6)
《キツツキ目 キツツキ科》 (15)
  ノグチゲラ(希少) (2)
《ハヤブサ目 ハヤブサ科》 (14)
  コチョウゲンボウの魅力 (1)
  ハヤブサの魅力 (7)
《スズメ目 ヤイロチョウ科》 (5)
  ヤイロチョウ(希少) (5)
《スズメ目 コウライウグイス科》 (2)
  コウライウグイス(希少) (2)
《スズメ目 カササギヒタキ科》 (16)
  サンコウチョウの魅力 (15)
《スズメ目 モズ科》 (11)
  オオモズ(希少) (3)
  セアカモズ(希少) (1)
  タカサゴモズ(希少) (2)
《スズメ目 カラス科》 (7)
  カササギ(希少) (1)
《スズメ目 キクイタダキ科》 (1)
《スズメ目 シジュウカラ科》 (8)
  キバラガラ(希少) (1)
《スズメ目 ヒバリ科》 (3)
《スズメ目 ツバメ科》 (3)
《スズメ目 ヒヨドリ科》 (1)
《スズメ目 ウグイス科》 (5)
《スズメ目 エナガ科》 (1)
《スズメ目 ムシクイ科》 (13)
  カオグロアメリカムシクイ(希少) (1)
  カラフトムシクイ(希少) (2)
  カラフトムジセッカ(希少) (2)
  チフチャフ (希少) (1)
  ムジセッカ(希少) (2)
  モリムシクイ(希少) (1)
《スズメ目 メジロ科》 (2)
  チョウセンメジロ (希少) (1)
《スズメ目 ヨシキリ科》 (7)
《スズメ目 セッカ科》 (1)
《スズメ目 センニュウ科》 (1)
《スズメ目 レンジャク科》 (5)
《スズメ目 キバシリ科》 (3)
《スズメ目 ミソサザイ科》 (5)
《スズメ目 ムクドリ科》 (5)
  ギンムクドリ(希少) (1)
《スズメ目 カワガラス科》 (9)
《スズメ目 ヒタキ科》 (74)
  アカコッコ(希少) (1)
  アカヒゲ(希少) (2)
  ウタツグミ(希少) (1)
  オガワコマドリ(希少) (1)
  オジロビタキ(希少) (4)
  カラアカハラ(希少) (1)
  クロウタドリ(希少) (1)
  セグロサバクヒタキ(希少) (1)
  チョウセンオオルリ(希少) (1)
  ノハラツグミ(希少) (1)
  ヒメイソヒヨ(希少) (1)
  ヤドリギツグミ(希少) (1)
《スズメ目 イワヒバリ科》 (3)
  ヤマヒバリ(希少) (1)
《スズメ目 セキレイ科》 (7)
  イワミセキレイ(希少) (1)
《スズメ目 アトリ科》 (29)
《スズメ目 ツメナガホオジロ科》 (1)
  ユキホオジロ(希少) (1)
《スズメ目 ホオジロ科》 (20)
  サバンナシトド(希少) (2)
  シマアオジ(希少) (1)
  ミヤマシトド(希少) (1)
《 外来種・その他 》 (8)
《 花と鳥たち 》 (10)
《 年賀 》 (2)

最新トラックバック

プロフィール

鳥兵衛さん

Author:鳥兵衛さん
自然が大好きで長年日本各地の山登りを。いつしかそこに来る鳥たちに憧れ、平成20年頃より少しでも多くの鳥たちに出会いたく各地を廻っている
[主な観察・撮影機材]
カメラ:キャノン EOS1DX
 〃  〃   EOS7D MarkⅡ
レンズ:キャノンEF600㎜F4LISⅡ
 〃  〃 EF100-400㎜ LISⅡ
雲 台 :ザハトラー FSB8
三 脚 :ジッツオ GT5542LS
ス コープ:スワロフスキー STM80HD
双眼鏡:スワロフスキー EL10×42
 〃   〃 CLPocket10×25
距離計:ニコン Laser1000AS

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR