旅と鳥友

各地を廻り、自然の中で生きるより多くの鳥たちを紹介していきます

タマシギ 子連れ

タマシギ 子連れ

約4週間前 タマシギ♀が姿を現した場所の近くの休耕田で、「タマシギの子連れ」姿を見ることが出来た。
休耕田の前で約4時間ほど待機。 草むらの中を、タマシギ♂親が雛4羽を連れて歩いていた。

田圃の縁を、タマシギ♂親が雛を連れて移動していた
タマシギ (1)

タマシギ (2)

タマシギ (3)

タマシギの雛は4羽確認出来た。
タマシギ (4)

タマシギ (5)

タマシギ子連れの移動先は、何処も ”草むらの中”、
タマシギ (6)
スポンサーサイト
  1. 2015/09/06(日) 08:19:43|
  2. 《チドリ目 タマシギ科》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タマシギ♀

タマシギ ♀

水田の草むらの中で、タマシギの♀と出会うことが出来た。
 (4日前、約1.4km離れた所の休耕田で出会ったのはタマシギの♂)

タマシギ (チドリ目タマシギ科)
 ・一妻多夫で産卵後、♀は巣を離れ別の♂の求めて移動する。
 ・抱卵から子育ては♂だけで行う

水田の畦と稲との間に出たタマシギ♀
どの場所に移動しても”草かぶり”となった
タマシギ (1)

タマシギ (2)

タマシギ (3)

タマシギ (4)

タマシギ (5)

タマシギ (6)

タマシギ (7)

タマシギ (8)

タマシギ (9)

タマシギ (10)

タマシギ (11)

ディスプレイをするタマシギ♀
タマシギ (12)

タマシギ (13)

タマシギ (14)

この先に移動すれば”草かぶりから解除” されるのだが・・・ 警戒心が強いのか、この後別の場所に飛び立った
タマシギ (15)



  1. 2015/08/13(木) 06:00:00|
  2. 《チドリ目 タマシギ科》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タマシギ♂

タマシギ(チドリ目タマシギ科)


休耕田でタマシギ♂が抱卵をしていた。
産卵を終えたタマシギ♀の姿は残念ながら見ることは出来なかったが、
タマシギの♂が抱卵中の場所から(採餌のためか?)、草むらの中を移動しているところを
見ることが出来た。   ”タマシギは今年初撮り”

朝7時頃、休耕田の草むらの中を歩くタマシギ♂
タマシギ (1)

タマシギ (2)

タマシギ (3)

タマシギ (4)

タマシギ (5)
  1. 2015/08/06(木) 06:00:00|
  2. 《チドリ目 タマシギ科》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タマシギの親子連れ

タマシギの親子連れ

休耕田でタマシギの親子連れが見えるようになって約一週間、タマシギの雛は大きくなった。
タマシギの親から雛への口移し給餌は約2週間と云われているが、大きい雛は自分で餌を捕っていた。
雛の数も 当初5羽 だったが、今は4羽 になっていた。たぶん1羽は何者かにやられたのであろう。


水辺に向かう ”雄親と雛4羽連れ”
タマシギ (1)

水辺で餌捕り
タマシギ (2)

タマシギ (3)

タマシギ (4)

タマシギ (5)

タマシギ (6)

タマシギ (7)

タマシギ (8)

大きい雛は自分で餌さがしを行っていた
タマシギ (9)

タマシギ (10)

タマシギ (11)

タマシギ (12)

親から給餌を受ける雛たち
タマシギ (13)

タマシギ (14)

水辺でエサ取りを終え、休耕田に向かう ”雄親と雛たち”
タマシギ (15)


  1. 2014/09/06(土) 13:00:00|
  2. 《チドリ目 タマシギ科》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タマシギの雛5羽連れ

タマシギの雛5羽連れ

休耕田でタマシギが営巣、約2週間前に雛が孵ったようだが雑草でなかなか姿が見えなかった。
ところが昨日、休耕田と田んぼ境の畔に草刈りが行われたため、タマシギの姿が見えるようになった。

タマシギの雛5羽、元気に育っていた。
タマシギの雄は雛5羽を連れて草刈りをしたところに何回か姿を現してくれた。

タマシギ (チドリ目タマシギ科)

タマシギは一妻多夫の婚姻形態をとり、雌は産卵後次の夫を求め交尾、産卵を行う。
産卵後は、雄だけで抱卵と子育てを行う。
タマシギ (1)

雛は早成性で、孵化後はすぐ雄と行動、約2週間口移しで給餌、育雛期間は約2か月
タマシギ (2)

タマシギ (3)

タマシギ (4)

タマシギ (5)

タマシギ (6)

タマシギ (7)

タマシギ (8)

タマシギ (9)

タマシギ (10)

タマシギ (11)

タマシギ (12)

タマシギ (13)

タマシギ (14)

タマシギ (15)


  1. 2014/09/01(月) 13:00:00|
  2. 《チドリ目 タマシギ科》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
【海 外】 (22)
  南部 アフリカ (5)
  台湾金門島 (17)
【北海道方面 】 (36)
  冬の道北① (1)
  冬の道東② (15)
  冬の道東③Wクルーズ (20)
【伊豆沼・蕪栗沼方面】 (13)
  伊豆沼・蕪栗沼① (1)
  伊豆沼・蕪栗沼② (5)
  伊豆沼・蕪栗沼③ (7)
【信越地方】 (3)
  佐渡島 (1)
  新潟県松之山 (2)
【北陸地方】 (1)
  立山室堂 (1)
【東海地方】 (5)
  富士山奥庭 (3)
  郡上市高鷲町 (2)
【近畿地方】 (10)
  伊吹山 (3)
  コウノトリの郷豊岡 (2)
  滋賀県朽木柏① (1)
  滋賀県朽木柏② (4)
【中国地方】 (19)
  岡山県吉備中央町 (3)
  八東ふる里の森①  (2)
  八東ふる里の森② (5)
  八東ふる里の森③ (3)
  八東ふる里の森④ (6)
【九州方面】 (6)
  鹿児島県~宮崎県 (3)
  福岡県~佐賀県 (3)
【沖縄方面】 (24)
  沖縄本島 (7)
  石垣島 (17)
【離 島】 (91)
  舳倉島 2013年 (1)
   舳倉島 2014年 (10)
  舳倉島 2015年 (7)
   舳倉島 2016年 (12)
  舳倉島 2017年 (12)
  舳倉島 2018年 (22)
  三宅島 (1)
  小笠原・硫黄島・母島 (14)
  トカラ列島 平島 (12)
【航路:海鳥】 (20)
 大洗~苫小牧航路① (1)
 大洗~苫小牧航路② (11)
  〃  航路・道内③ (8)
【雛の巣立ち】 (6)
  アカショウビン 巣立ち (1)
  オオコノハズク 巣立ち (3)
  サンコウチョウ 巣立ち (2)
【その他】 (15)
  白変個体 (3)
  タカの渡り (12)
  ≪  目・科 別  ≫ (0)
《キジ目 キジ科》 (6)
  ライチョウ(希少) (1)
《カモ目 カモ科》 (66)
  アカツクシガモ(希少) (1)
  アカハシハジロ(希少) (1)
  アカハジロ(希少) (1)
  アラナミキンクロ(希少) (1)
  オオホシハジロ(希少) (2)
  クビワキンクロ(希少) (4)
  コスズガモ(希少) (1)
  シジュウカラガン(希少) (2)
  メジロガモ (希少) (4)
《カイツブリ目 カイツブリ科》 (10)
《ネッタイチョウ目 ネッタイチョウ科》 (2)
   アカオネッタイチョウ(希少) (1)
   シラオネッタイチョウ(希少) (1)
《ハト目 ハト科》 (8)
  カラスバト(希少) (1)
  ベニバト(希少) (1)
《アビ目 アビ科》 (5)
  アビ (夏羽) (1)
《ミズナギドリ目 アホウドリ科》 (1)
《ミズナギドリ目ミズナギドリ科》 (1)
オオシロハラミズナギドリ(希少) (1)
《コウノトリ目 コウノトリ科》 (4)
  コウノトリ(希少) (2)
  ナベコウ(希少) (1)
《カツオドリ目 ウ科》 (4)
《カツオドリ目 カツオドリ科》 (1)
  アカアシカツオドリ(希少) (1)
《カツオドリ目グンカンドリ科》 (1)
  コグンカンドリ(希少) (1)
《ペリカン目 サギ科》 (16)
  アカガシラサギ(希少) (2)
  カラシラサギ(希少) (2)
  サンカノゴイ(希少) (1)
《ペリカン目 トキ科》 (3)
  トキ(希少) (2)
《ツル目 ツル科》 (7)
  アネハヅル(希少) (2)
  ソデグロヅツ(希少) (1)
《ツル目 クイナ科》 (8)
  ヒメクイナ(希少) (1)
  ヤンバルクイナ(希少) (2)
《カッコウ目 カッコウ科》 (14)
  セグロカッコウ(希少) (1)
《ヨタカ目 ヨタカ科》 (3)
《アマツバメ目 アマツバメ科》 (3)
《チドリ目 チドリ科》 (22)
  オオチドリ(希少) (1)
《チドリ目 ミヤコドリ科》 (6)
《チドリ目 セイタカシギ科》 (7)
  ソリハシセイタカシギ(希少) (1)
《チドリ目 シギ科》 (85)
  アオシギ(希少) (1)
  アシナガシギ(希少) (1)
  アメリカウズラシギ(希少) (2)
  カラフトアオアシシギ (希少) (1)
  コシャクシギ(希少) (2)
  シベリアオオハシシギ(希少) (1)
  メリケンキアシシギ(希少) (1)
《チドリ目 レンカク科》 (2)
  レンカク(希少) (1)
《チドリ目 タマシギ科》 (6)
《チドリ目 カモメ科》 (18)
  アメリカコアジサシ(希少) (1)
  オニアジサシ(希少) (1)
  シロアジサシ(希少) (1)
  ニシセグロカモメ(希少) (1)
  ハシブトアジサシ(希少) (1)
  ヒメクロアジサシ(希少) (1)
《チドリ目 ツバメチドリ科》 (2)
《チドリ目 トウゾクカモメ科》 (1)
《チドリ目 ウミスズメ科》 (4)
  ウミバト (希少) (1)
  エトピリカ (希少) (1)
《タカ目 ミサゴ科》 (10)
  ミサゴの魅力 (10)
《フクロウ目 フクロウ科》 (21)
  コノハズク(希少) (5)
  コミミズクの魅力 (5)
  シマフクロウ(希少) (2)
《タカ目 タカ科》 (68)
  カタグロトビ(希少) (1)
  イヌワシの魅力 (3)
  オオタカの魅力 (7)
  オオワシの魅力 (3)
  オジロワシの魅力 (1)
  カンムリワシの魅力 (1)
  クマタカの魅力 (20)
  ケアシノスリの魅力 (2)
  サシバの魅力 (8)
  チュウヒの魅力 (4)
  ハイイロチュウヒの魅力 (9)
《サイチョウ目 ヤツガシラ科》 (3)
  ヤツガシラ(希少) (3)
《ブッポウソウ目 カワセミ科》 (42)
  アオショウビン(希少) (1)
  アカショウビンの魅力 (8)
  カワセミの魅力 (9)
  ヤマセミの魅力 (24)
《ブッポウソウ目ブッポウソウ科》 (6)
《キツツキ目 キツツキ科》 (19)
  ノグチゲラ(希少) (2)
《ハヤブサ目 ハヤブサ科》 (15)
  コチョウゲンボウの魅力 (1)
  ハヤブサの魅力 (8)
《スズメ目 ヤイロチョウ科》 (5)
  ヤイロチョウ(希少) (5)
《スズメ目 コウライウグイス科》 (3)
  コウライウグイス(希少) (3)
《スズメ目 カササギヒタキ科》 (17)
  サンコウチョウの魅力 (16)
《スズメ目 モズ科》 (11)
  オオモズ(希少) (3)
  セアカモズ(希少) (1)
  タカサゴモズ(希少) (2)
《スズメ目 カラス科》 (7)
  カササギ(希少) (1)
《スズメ目 キクイタダキ科》 (1)
《スズメ目 シジュウカラ科》 (9)
  キバラガラ(希少) (1)
《スズメ目 ヒバリ科》 (3)
《スズメ目 ツバメ科》 (3)
《スズメ目 ヒヨドリ科》 (1)
《スズメ目 ウグイス科》 (5)
《スズメ目 エナガ科》 (2)
《スズメ目 ムシクイ科》 (13)
  カオグロアメリカムシクイ(希少) (1)
  カラフトムシクイ(希少) (2)
  カラフトムジセッカ(希少) (2)
  チフチャフ (希少) (1)
  ムジセッカ(希少) (2)
  モリムシクイ(希少) (1)
《スズメ目 メジロ科》 (3)
  チョウセンメジロ (希少) (1)
  メグロ(希少) (1)
《スズメ目 ヨシキリ科》 (7)
《スズメ目 セッカ科》 (1)
《スズメ目 センニュウ科》 (1)
《スズメ目 レンジャク科》 (10)
《スズメ目 ゴジュウカラ科》 (1)
《スズメ目 キバシリ科》 (4)
《スズメ目 ミソサザイ科》 (6)
《スズメ目 ムクドリ科》 (8)
  ギンムクドリ(希少) (2)
《スズメ目 カワガラス科》 (10)
《スズメ目 ヒタキ科》 (87)
  アカコッコ(希少) (1)
  アカヒゲ(希少) (3)
  ウタツグミ(希少) (1)
  オガワコマドリ(希少) (1)
  オジロビタキ(希少) (5)
  カラアカハラ(希少) (1)
  クロウタドリ(希少) (1)
  セグロサバクヒタキ(希少) (1)
  チョウセンオオルリ(希少) (1)
  ノハラツグミ(希少) (1)
  ヒメイソヒヨ(希少) (1)
  マミジロキビタキ(希少) (1)
  ヤドリギツグミ(希少) (1)
《スズメ目 イワヒバリ科》 (3)
  ヤマヒバリ(希少) (1)
《スズメ目 セキレイ科》 (9)
  イワミセキレイ(希少) (1)
  コマミジロタヒバリ(希少) (1)
《スズメ目 アトリ科》 (38)
《スズメ目 ツメナガホオジロ科》 (1)
  ユキホオジロ(希少) (1)
《スズメ目 ホオジロ科》 (23)
  サバンナシトド(希少) (2)
  シマアオジ(希少) (1)
  ミヤマシトド(希少) (1)
《外来種・その他》 (8)
《花と鳥たち》 (16)
《年 賀》 (3)

最新トラックバック

プロフィール

鳥兵衛さん

Author:鳥兵衛さん
自然が大好きで長年日本各地の山登りを。いつしかそこに来る鳥たちに憧れ、平成20年頃より少しでも多くの鳥たちに出会いたく各地を廻っている
[主な観察・撮影機材]
カメラ:キャノン EOS1DX
 〃  〃   EOS7D MarkⅡ
レンズ:キャノンEF600㎜F4LISⅡ
 〃  〃 EF100-400㎜ LISⅡ
雲 台 :ザハトラー FSB8
三 脚 :ジッツオ GT5542LS
ス コープ:スワロフスキー STM80HD
双眼鏡:スワロフスキー EL10×42
 〃   〃 CLPocket10×25
距離計:ニコン Laser1000AS

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR