旅と鳥友

各地を廻り、自然の中で生きるより多くの鳥たちを紹介していきます

九州で出会った鳥イワミセキレイ (希少)

イワミセキレイ (スズメ目セキレイ科)・・・・尾っぽを横に振る珍しいセキレイの仲間

湖と森林に囲まれたキャンプ場に行くと、現地の人が「この鳥は日影が好きで暫くすると頻繁に来るよ」とのこと
片隅でカメラをセットして待っていると、云われた通りイワミセキレイは枝から降り尾っぽを横に振りながら
愛嬌を振る舞ってくれました。

[イワミセキレイの特長]
・胸に特徴ある班(黑帯)がある
・初列雨覆・中雨覆・大雨覆の先端は白い
イワミセキレイ15

イワミセキレイ11

イワミセキレイ3

イワミセキレイ27

イワミセキレイ24

イワミセキレイ22



スポンサーサイト
  1. 2014/01/30(木) 13:51:29|
  2. 【 九州方面 】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九州で出会った鳥・・・・アカツクシガモ (希少)

アカツクシガモ (カモ科)

ユーラシア大陸で繁殖し、日本には冬季に稀に飛来します。今年の冬はこの場所のみ飛来しているようです。
アカツクシガモは水路の中で餌取り、その後農耕地を飛びまわっているのを見ることが出来ました。

[アカツクシガモの特長]
・身体は赤褐色で頭部は色が淡い(雌の頭は白っぽい)
・尾は黒い
アカツクシガモ2

アカツクシガモ3

風切は黒くて緑色光沢があり、雨覆いは白い飛ぶとそのコントラストが目立つ
アカツクシガモ17

アカツクシガモ19

アカツクシガモ22

アカツクシガモ24



  1. 2014/01/29(水) 14:11:11|
  2. 【 九州方面 】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九州で出会った鳥・・・・毎年飛来するツルたち

「九州唯一のツルの飛来地」・・・・渡来羽数と種類の多いことで知られている。

毎年10月中旬になるとツルの第一陣が飛来し,12月末から1月にかけて羽数はピークに達する。
その後2月初旬からツルの北帰行が始まり、3月末までに大方シベリアに帰る。
(1)ツル観察センター

(2)ツルの飛来数

早朝、ツルの塒から餌場に飛立つシーン
(3)早朝のツル3

ナベヅル

飛来数が最も多く、鍋の底についた煤のように黒い色をしているので「ナベヅル(鍋鶴)」と名付けたようです
個体数は約1万2千羽、絶滅危惧Ⅱ種
ナベヅル5

ナベヅル10

ナベヅル9

マナヅル

ナベヅルについで飛来数が多く、真鶴の名前が示す通り「本当のツル」という意味で名付けられたようです
個体数6千羽、絶滅危惧Ⅱ種
マナヅル3

マナヅル4

マナヅル10

カナダヅル

今年の飛来数は僅か4羽と少なく、探すのに苦労した。
個体全身が灰色で、頭頂部の赤色がポイント
個体数は世界で一番多い約75万羽
カナダヅル9

カナダヅル14

カナダヅル12

クロヅル

今年の飛来数はカナダヅルと同じ4羽、立ち入り禁止区域柵の一番奥にいるのをスコープで見つけることが出来た
眼先、喉、前頸と後頭が黒いのが識別ポイント
個体数はカナダヅルに次いで多い約50万羽
クロヅル8

クロヅル11

  1. 2014/01/28(火) 14:44:15|
  2. 【 九州方面 】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九州で出会った鳥・・・・クロツラケラサギとヘラサギ

クロツラヘラサギ・ヘラサギ

クロツラヘラサギとヘラサギは有明海の海岸に6羽。今津湾の干潟に16羽群でいました。

有明海の海岸にいたクロツラヘラサギ(5羽)とヘラサギ(1羽)
ヘラサギ4

左がヘラサギ、右がクロツラヘラサギ
ヘラサギ5

左がクロツラヘラサギ、右がヘラサギ
ヘラサギ6

左2羽がクロツラヘラサギ、右がヘラサギ
ヘラサギ7

クロツラヘラサギ
クロツラヘラサギ8

ヘラサギ
ヘラサギ9

今津干潟にいたクロツラヘラサギ(14羽)とヘラサギ(2羽)
クロツラヘラサギ1


  1. 2014/01/27(月) 09:02:40|
  2. 【 九州方面 】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九州で出会った鳥・・・・ ナベコウ (希少)

ナベコウ (コウノトリ科)

ユーラシア大陸・アフリカ南部で繁殖、冬季には日本には稀に飛来する冬鳥もしくは迷鳥
ここの干拓地には5年ほど前からナベコウ親子が2羽で越冬している。

[ナベコウの特長]
・全身の羽衣は緑色や赤紫色の光沢ある黒色
・嘴は太くて長く赤色
・足が長くて赤い
ナベコウ5

ナベコウ1

ナベコウ17

飛翔時、翼下面は黒いが付け根付近のみ白い部分が見られる
ナベコウ18

ナベコウ22

ナベコウ25
  1. 2014/01/26(日) 09:36:13|
  2. 【 九州方面 】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
【 海   外 】 (22)
   南部 アフリカ (5)
   台湾金門島 (17)
【 北海道方面 】 (16)
   冬の北海道その1 (1)
   冬の北海道その2 (15)
【 九州方面 】 (6)
【 沖縄方面 】 (24)
  沖縄本島 (7)
   石垣島 (17)
【 離島 】 (56)
   佐渡島 (1)
   舳倉島 (41)
   三宅島 (2)
   小笠原 硫黄島3島と母島 (12)
【 航路:海鳥 】 (1)
【 東北方面 】 (6)
【 雛の巣立ち 】 (6)
   アカショウビン 巣立ち (1)
   オオコノハズク 巣立ち (3)
   サンコウチョウ 巣立ち (2)
【 その他 】 (15)
   白変個体 (3)
   タカの渡り (12)
  ≪  目・科 別  ≫ (0)
《キジ目 キジ科》 (4)
  ライチョウ(希少) (1)
《カモ目 カモ科》 (49)
  アカツクシガモ(希少) (1)
  アカハシハジロ(希少) (1)
  アカハジロ(希少) (1)
  アラナミキンクロ(希少) (1)
  オオホシハジロ(希少) (2)
  クビワキンクロ(希少) (2)
  コスズガモ(希少) (1)
  シジュウカラガン(希少) (2)
《カイツブリ目 カイツブリ科》 (6)
《ハト目 ハト科》 (7)
  ベニバト(希少) (1)
《アビ目 アビ科》 (5)
《ミズナギドリ目アホウドリ科》 (1)
《コウノトリ目 コウノトリ科》 (4)
  コウノトリ(希少) (2)
  ナベコウ(希少) (1)
《カツオドリ目 ウ科》 (4)
《カツオドリ目 グンカンドリ科》 (1)
  コグンカンドリ(希少) (1)
《ペリカン目 サギ科》 (14)
  アカガシラサギ(希少) (1)
  カラシラサギ(希少) (1)
  サンカノゴイ(希少) (1)
《ペリカン目 トキ科》 (3)
  トキ(希少) (2)
《ツル目 ツル科》 (7)
  アネハヅル(希少) (2)
  ソデグロヅツ(希少) (1)
《ツル目 クイナ科》 (8)
  ヒメクイナ(希少) (1)
  ヤンバルクイナ(希少) (2)
《カッコウ目 カッコウ科》 (13)
  セグロカッコウ(希少) (1)
《ヨタカ目 ヨタカ科》 (3)
《アマツバメ目 アマツバメ科》 (3)
《チドリ目 チドリ科》 (21)
  オオチドリ(希少) (1)
《チドリ目 ミヤコドリ科》 (4)
《チドリ目 セイタカシギ科》 (7)
  ソリハシセイタカシギ(希少) (1)
《チドリ目 シギ科》 (80)
  アオシギ(希少) (1)
  アシナガシギ(希少) (1)
  アメリカウズラシギ(希少) (2)
  カラフトアオアシシギ (希少) (1)
  コシャクシギ(希少) (2)
  シベリアオオハシシギ(希少) (1)
  メリケンキアシシギ(希少) (1)
《チドリ目 レンカク科》 (2)
  レンカク(希少) (1)
《チドリ目 タマシギ科》 (6)
《チドリ目 カモメ科》 (14)
  アメリカコアジサシ(希少) (1)
  オニアジサシ(希少) (1)
  ニシセグロカモメ(希少) (1)
  ハシブトアジサシ(希少) (1)
《チドリ目 ツバメチドリ科》 (2)
《チドリ目 トウゾクカモメ科》 (1)
《チドリ目 ウミスズメ科》 (2)
《タカ目 ミサゴ科》 (9)
  ミサゴの魅力 (9)
《フクロウ目 フクロウ科》 (19)
  コノハズク(希少) (5)
  コミミズクの魅力 (5)
  シマフクロウ(希少) (1)
《タカ目 タカ科》 (63)
  カタグロトビ(希少) (1)
  イヌワシの魅力 (3)
  オオタカの魅力 (7)
  オオワシの魅力 (3)
  オジロワシの魅力 (1)
  カンムリワシの魅力 (1)
  クマタカの魅力 (19)
  ケアシノスリの魅力 (2)
  サシバの魅力 (7)
  チュウヒの魅力 (4)
  ハイイロチュウヒの魅力 (9)
《サイチョウ目 ヤツガシラ科》 (3)
  ヤツガシラ(希少) (3)
《ブッポウソウ目 カワセミ科》 (42)
  アオショウビン(希少) (1)
  アカショウビンの魅力 (8)
  カワセミの魅力 (9)
  ヤマセミの魅力 (24)
《ブッポウソウ目ブッポウソウ科》 (6)
《キツツキ目 キツツキ科》 (15)
  ノグチゲラ(希少) (2)
《ハヤブサ目 ハヤブサ科》 (14)
  コチョウゲンボウの魅力 (1)
  ハヤブサの魅力 (7)
《スズメ目 ヤイロチョウ科》 (5)
  ヤイロチョウ(希少) (5)
《スズメ目 コウライウグイス科》 (2)
  コウライウグイス(希少) (2)
《スズメ目 カササギヒタキ科》 (16)
  サンコウチョウの魅力 (15)
《スズメ目 モズ科》 (11)
  オオモズ(希少) (3)
  セアカモズ(希少) (1)
  タカサゴモズ(希少) (2)
《スズメ目 カラス科》 (7)
  カササギ(希少) (1)
《スズメ目 キクイタダキ科》 (1)
《スズメ目 シジュウカラ科》 (7)
  キバラガラ(希少) (1)
《スズメ目 ヒバリ科》 (3)
《スズメ目 ツバメ科》 (3)
《スズメ目 ヒヨドリ科》 (1)
《スズメ目 ウグイス科》 (5)
《スズメ目 エナガ科》 (1)
《スズメ目 ムシクイ科》 (13)
  カオグロアメリカムシクイ(希少) (1)
  カラフトムシクイ(希少) (2)
  カラフトムジセッカ(希少) (2)
  チフチャフ (希少) (1)
  ムジセッカ(希少) (2)
  モリムシクイ(希少) (1)
《スズメ目 メジロ科》 (2)
  チョウセンメジロ (希少) (1)
《スズメ目 ヨシキリ科》 (7)
《スズメ目 セッカ科》 (1)
《スズメ目 センニュウ科》 (1)
《スズメ目 レンジャク科》 (5)
《スズメ目 キバシリ科》 (3)
《スズメ目 ミソサザイ科》 (5)
《スズメ目 ムクドリ科》 (5)
  ギンムクドリ(希少) (1)
《スズメ目 カワガラス科》 (9)
《スズメ目 ヒタキ科》 (71)
  アカコッコ(希少) (1)
  アカヒゲ(希少) (2)
  ウタツグミ(希少) (1)
  オガワコマドリ(希少) (1)
  オジロビタキ(希少) (4)
  カラアカハラ(希少) (1)
  クロウタドリ(希少) (1)
  セグロサバクヒタキ(希少) (1)
  チョウセンオオルリ(希少) (1)
  ノハラツグミ(希少) (1)
  ヒメイソヒヨ(希少) (1)
  ヤドリギツグミ(希少) (1)
《スズメ目 イワヒバリ科》 (3)
  ヤマヒバリ(希少) (1)
《スズメ目 セキレイ科》 (7)
  イワミセキレイ(希少) (1)
《スズメ目 アトリ科》 (29)
《スズメ目 ツメナガホオジロ科》 (1)
  ユキホオジロ(希少) (1)
《スズメ目 ホオジロ科》 (20)
  サバンナシトド(希少) (2)
  シマアオジ(希少) (1)
  ミヤマシトド(希少) (1)
《 外来種・その他 》 (8)
《 花と鳥たち 》 (10)
《 年賀 》 (2)

最新トラックバック

プロフィール

鳥兵衛さん

Author:鳥兵衛さん
自然が大好きで長年日本各地の山登りを。いつしかそこに来る鳥たちに憧れ、平成20年頃より少しでも多くの鳥たちに出会いたく各地を廻っている
[主な観察・撮影機材]
カメラ:キャノン EOS1DX
 〃  〃   EOS7D MarkⅡ
レンズ:キャノンEF600㎜F4LISⅡ
 〃  〃 EF100-400㎜ LISⅡ
雲 台 :ザハトラー FSB8
三 脚 :ジッツオ GT5542LS
ス コープ:スワロフスキー STM80HD
双眼鏡:スワロフスキー EL10×42
 〃   〃 CLPocket10×25
距離計:ニコン Laser1000AS

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR